枠の種類

【リング型】【パイプ型】【グリッパー型】があります

ニードルパンチは、布の上から力をかけますので、枠に張って作業をするのが基本となります。

パンチニードル*日本パンチニードル協会
パンチニードル*日本パンチニードル協会
パンチニードル*日本パンチニードル協会

ノンスリップ・フープ

枠の内側に凹凸の溝があり

しっかりと布を挟める構造。

(MORGAN社特許製品)

刺している途中でたわむことは

ほぼありません。また、

刺し上がった部分もしっかり

挟めるので大きめ作品の制作

には欠かせません。

プラスチックは弾力があり

割れることはまずありません。

ネジも大きくて締めやすいです。

​小さな枠もありますので、

余った土台布も無駄なく

使い切ることができます。

パイプ・フレーム

パイプに C型 のパーツを

パチッとはめるタイプ。

セット後に布を引くことが

できないため布目の微調整が

しにくく、四隅にある隙間部分

では布が緩む傾向ですが、

​非常に安価。

グリッパー・フレーム

フックドラグでポピュラー。

グリッパーストリップという

針付きのベルトを木枠などに

打ちつけて作る枠です。

角材などで、自作フレームも

できますので、道具作りから

こだわれる​楽しさもあります。

布目を整えて張る&張り直しも

簡単ですが、布を通して針が

手に当たることがあります。

毛糸を使うニードルパンチの

場合、針が引っかかってしまう

ので刺し上がった部分を

張ることが​できません。

©2020 by Japan Punch Needle Association  画像の無断転載、使用はご遠慮くださいませ。