ニードルの種類

世界各国のパンチニードル … デザインも機能も様々です

これらのニードルを機能で分類すると?

【ノンアジャスタ・タイプ】と【アジャスタ・タイプ】に分けられます

パンチニードルには、刺繍糸〜中細毛糸〜合太毛糸〜並太毛糸〜極太毛糸用まで、様々な太さがありますが、

機能で分類しますと【針の長さが固定された、ノンアジャスタ・タイプ】と

【針の長さを変えられる、アジャスタタイプ】に分けることができます。

パンチニードル*日本パンチニードル協会

【ノンアジャスタ・タイプ】

アジャスタがないタイプは1つの

長さのループしか作れませんが、

アジャスタに必要なパーツが

ないため、軽量でシンプル。

ループの長さを変える作風でない

場合は、​ノンアジャスタが

使いやすいでしょう。

毛糸を通す部分は糸通しを使って

毛糸を通す「筒タイプ」と

そのまますぐに毛糸をセットできる「​スリットタイプ」があります。

糸替えが多い場合は

​スリット式が断然便利です。

パンチニードル*日本パンチニードル協会

筒タイプは糸通しで

毛糸を通します。

​スリットより安価。

パンチニードル*日本パンチニードル協会

スリット・タイプは

糸通しなしで通せるので

​糸替えが楽です。

パンチニードル*日本パンチニードル協会

【アジャスタ・タイプ】

アジャスタの仕組みはメーカーが

一番力を入れている部分。

無段階に調節できるタイプと、

決められた長さにセットするタイプがあります。

ニードルを長くすると

背の高いループができます。

低いループは柄がはっきりし

高いループは柄がふんわりと

表現され、温かみが増します。

​高低差でレリーフ表現もできます。

​ループの高さは表現の幅を

​ぐっと広げてくれます。

パンチニードル*日本パンチニードル協会

無段階に​調節できる

ねじ式タイプ

パンチニードル*日本パンチニードル協会

段階的に長さを

変えられるタイプ

ニードルを太さの違いで分類すると?

【刺繍糸用 〜 中細毛糸用 〜 並太毛糸用 〜 極太毛糸用】に分けられます

作りたいものをどれくらいの「毛糸の点」で表現したいか、を考えます。

小さな点で、細かい柄を表現したい場合は「細いニードル」がよいでしょう。

大きな点で、ざっくりした柄を表現したい場合は「太いニードル」がいいですね!

太さは厳密に「〜毛糸用」というわけではなく、だいたいの目安です。

パンチニードル*日本パンチニードル協会

【刺繍糸用】

​Punch Needle

- とても細かい表現が得意 -

「細い線の表現がしたい」

「ループがあまり目立たない方がいい」

「繊細な雰囲気で作りたい」

などの場合にぴったりです

このタイプのニードルは

毛糸が使えませんが、

中細毛糸用ニードルとセットに

なっている商品もあります。

パンチニードル*日本パンチニードル協会
パンチニードル*日本パンチニードル協会

【中細毛糸用】

​Punch Needle

- 細かい表現が得意 -

「アクセサリーを作りたい」

「細かい図案を刺したい」

「柄の輪郭をはっきり出したい」

などの場合にぴったり。

ドットが小さいので繊細な柄表現が

可能です。

​しかし大きな作品を作る場合は

​非常に時間がかかります。

パンチニードル*日本パンチニードル協会
パンチニードル*日本パンチニードル協会

【合太〜並太毛糸用】

​Punch Needle

- 汎用性が高い太さ -

「アクセサリー全般」

「ポーチやコースター」

「バッグ、クッション」

など、とても汎用性が高いサイズ。

¥100ショップの並太毛糸でも

大丈夫ですので、気楽に始める

ことができますが、

クッションやラグは、やはり

​時間がかかります。

パンチニードル*日本パンチニードル協会
パンチニードル*日本パンチニードル協会

【並太〜極太毛糸用】

​Punch Needle

- ざっくり雰囲気が得意 -

「温かみのあるモコモコ感を出したい」

「大きめ作品を作りたい」

「素朴な雰囲気に仕上げたい」

などの場合にぴったりです。

ドットが大きくなりますので

​大きな作品を作る場合は

時間を短縮できます。

毛糸の風合いを十分に感じられる

​作品が作れます。

パンチニードル*日本パンチニードル協会