ニードルの種類

世界各国のパンチニードル … デザインも機能も様々です

これらのニードルを機能で分類すると?

【ノンアジャスタ・タイプ】と【アジャスタ・タイプ】に分けられます

パンチニードルには、刺繍糸〜中細毛糸〜合太毛糸〜並太毛糸〜極太毛糸用まで、様々な太さがありますが、

機能で分類しますと【針の長さが固定された、ノンアジャスタ・タイプ】と

【針の長さを変えられる、アジャスタタイプ】に分けることができます。

パンチニードル*日本パンチニードル協会

【ノンアジャスタ・タイプ】

アジャスタがないタイプは1つの

長さのループしか作れませんが、

アジャスタに必要なパーツが

ないため、軽量でシンプル。

ループの長さを変える作風でない

場合は、​ノンアジャスタが

使いやすいでしょう。

毛糸を通す部分は糸通しを使って

毛糸を通す「筒タイプ」と

そのまますぐに毛糸をセットできる「​スリットタイプ」があります。

糸替えが多い場合は

​スリット式が断然便利です。

パンチニードル*日本パンチニードル協会

筒タイプは糸通しで

毛糸を通します。

​スリットより安価。

パンチニードル*日本パンチニードル協会

スリット・タイプは

糸通しなしで通せるので

​糸替えが楽です。

パンチニードル*日本パンチニードル協会

【アジャスタ・タイプ】

アジャスタの仕組みはメーカーが

一番力を入れている部分。

無段階に調節できるタイプと、

決められた長さにセットするタイプがあります。

ニードルを長くすると

背の高いループができます。

低いループは柄がはっきりし

高いループは柄がふんわりと

表現され、温かみが増します。

​高低差でレリーフ表現もできます。

​ループの高さは表現の幅を

​ぐっと広げてくれます。

パンチニードル*日本パンチニードル協会

無段階に​調節できる

ねじ式タイプ

パンチニードル*日本パンチニードル協会

段階的に長さを

変えられるタイプ

ニードルを金属・形状の違いで分類すると?

【真鍮・筒】【鉄コーティング・筒】【鉄コーティング・折り】に分けられます

パンチニードルに使われている金属とその加工処理は、綺麗なループを作るための​重要な要素です。

真鍮は使わないと曇ってきますが、錆びにくい金属ですので通常​コーティングはしません。

真鍮パイプを斜めに切るだけですので、ニードルへの加工が容易で、安価に作ることができます。

しかしバリが残りやすいので、その処理をしていないニードルはバリに毛糸のケバが引っかかる可能性があり、ループの高さが

安定しない原因にもなります。

また、指に当たった時に怪我をする可能性もありますので、問題がある場合は、紙やすりなどをかけますが、​削りすぎると、

布への刺さりが悪くなりますので注意します。

鉄パイプにニッケルコーティングをした「筒」タイプのもの。

金属の切り口が見えておらず、バリもありませんので、指で触った時に滑らかな感触です。

布への通りも良く、毛糸の滑りもいいですので、ストレスなく

刺すことができます。

ニードル先端の尖った部分にもコーティングされていますので

それほど鋭利ではありませんが、刺繍糸用の細いニードルは

非常に鋭利なものもありますので、指に当てないように注意が

​必要です。

鉄にニッケルコーティングをした「折り」タイプのニードル。

筒ではなく金属板を折って作ってあるものです。スリットタイプのニードルに使われている針の形状。

ニードルは丸ではなく、台形のような形となっています。

一般的に「筒タイプ」よりも「折りタイプ」の方が布への刺さり具合が滑らかですが、現在は上記の「鉄パイプにニッケルコーティング」タイプも​非常に滑らかな刺しごこちとなっています。

筒タイプよりも製作に手間がかかるため、高価なものが多いですが、手首への負担が少なく、糸替えも楽ですのでアジャスタを使用しない作風の場合は、非常にオススメです。

ニードルを太さの違いで分類すると?

【刺繍糸用 〜 中細毛糸用 〜 並太毛糸用 〜 極太毛糸用】に分けられます

作りたいものをどれくらいの「毛糸の点」で表現したいか、を考えます。

小さな点で、細かい柄を表現したい場合は「細いニードル」がよいでしょう。

大きな点で、ざっくりした柄を表現したい場合は「太いニードル」がいいですね!

太さは厳密に「〜毛糸用」というわけではなく、だいたいの目安です。

パンチニードル*日本パンチニードル協会

【刺繍糸用】

​Punch Needle

- とても細かい表現が得意 -

「細い線の表現がしたい」

「ループがあまり目立たない方がいい」

「繊細な雰囲気で作りたい」

などの場合にぴったりです

このタイプのニードルは

毛糸が使えませんが、

中細毛糸用ニードルとセットに

なっている商品もあります。

パンチニードル*日本パンチニードル協会
パンチニードル*日本パンチニードル協会

【中細毛糸用】

​Punch Needle

- 細かい表現が得意 -

「アクセサリーを作りたい」

「細かい図案を刺したい」

「柄の輪郭をはっきり出したい」

などの場合にぴったり。

ドットが小さいので繊細な柄表現が

可能です。

​しかし大きな作品を作る場合は

​非常に時間がかかります。

パンチニードル*日本パンチニードル協会
パンチニードル*日本パンチニードル協会

【合太〜並太毛糸用】

​Punch Needle

- 汎用性が高い太さ -

「アクセサリー全般」

「ポーチやコースター」

「バッグ、クッション」

など、とても汎用性が高いサイズ。

¥100ショップの並太毛糸でも

大丈夫ですので、気楽に始める

ことができますが、

クッションやラグは、やはり

​時間がかかります。

パンチニードル*日本パンチニードル協会
パンチニードル*日本パンチニードル協会

【並太〜極太毛糸用】

​Punch Needle

- ざっくり雰囲気が得意 -

「温かみのあるモコモコ感を出したい」

「大きめ作品を作りたい」

「素朴な雰囲気に仕上げたい」

などの場合にぴったりです。

ドットが大きくなりますので

​大きな作品を作る場合は

時間を短縮できます。

毛糸の風合いを十分に感じられる

​作品が作れます。

パンチニードル*日本パンチニードル協会

手首に負担がかかる手芸だからこそ

気をつけて作業しましょう。

ニードルパンチは、点で面を埋めていきますので、予想以上にたくさんパンチします。

気がつかないうちに腱鞘炎や、肩が上がらなくなったりもしますので、ストレッチをしながら

作業するようにするといいですね!

作りたいものに合わせてニードルを選ぶことはもちろん大事ですが、怪我をしないように

作業を続けていただくための視点も、とても重要となります。

楽しく続けるために…手首の負担を少なくする道具選びを

軽さ】指へのフィット感】布への刺さり具合】

軽さ

ニードルの説明で【重量】の表示がされていることはほぼないですが、意外と違いがあります。

細いニードルは金属部分が小さいですので軽く、太いニードルはその金属分重くなります。

この部分は仕方がないですが、それに加え、下記の重さが加わります。

【ニードル本体の素材とデザインによる重さ】

【アジャスタ部分に使用してあるパーツの種類・それぞれの重さ】

重くても大丈夫な方もいらっしゃいますが、腱鞘炎になりやすい方は​軽いニードルの方が

安心です。例えば下記のような重さの違いがあります。

・Syujichi Banong No.3 … 14g

・SKC 水色ニードル … 20g

・DMC 10 … 24g

​ 

実作業では、ニードルの重さに加えて、布へ刺す際の力が加わります。

手首への負担は【ニードル本体の重さ・刺す際の力 × パンチ数】となりますので、

心配な方はなるべく軽く、布への刺さり具合も滑らかなニードルを選ぶと良いでしょう。

フィット感

作業をしていて、徐々に気になってくるのが指の収まり具合。鉛筆なども長時間持っていると

疲れる部分が出てきますし、タコができることもあります。

あまり力を入れなくてもしっかり持つことができると助かりますね。

理想は、指の曲線に沿うようなシェイプです。

刺す際には意外と力をかけますので、指が先端の方にずれないようなボディーの形がベスト。

​自分の手の大きさや指にあった形状を選ぶと、手指の疲れを最小限に抑えることができます。

刺さり具合

​楽しい作業はついつい時間を忘れて続けてしまうものです。

布への刺さり具合が滑らかでないと、数倍疲れてしまいます。ついつい同じ姿勢で長時間の

作業をしてしまうこともありますので、ひと刺しにかかる力も最小限に抑えたいですね!

真鍮のパイプをカットしたタイプは、カット面の形状からどうしても抵抗が大きくなります。

しかし安価ですのでお求め安い良さもあります。

​刺す際に「かたいな…」と思った時は、無理せず休みを多く取りながら作業してください。

©2020 by Japan Punch Needle Association  画像の無断転載、使用はご遠慮くださいませ。