ニードルパンチの基本

各ショットごとに細かく説明しています。動画も確認してみてくださいね!

​まず、土台布を用意しましょう!

切るサイズを決めます
切るサイズを決めます

枠より左右3cmくらい余裕を持たせて切ります。

press to zoom
糸を抜いてガイドを作る
糸を抜いてガイドを作る

ニードルパンチ用の布はほつれやすい特徴がありますので、抜いた線をガイドに木工ボンドを薄く塗り、ほつれ止めをします。

press to zoom
両方に塗ります。
両方に塗ります。

線の両側に塗ると、次に使う際も安心です。

press to zoom
切ります
切ります

線に沿って切ります。

press to zoom
パチッとはめます。
パチッとはめます。

枠にセットする時は、押してパチッとはまるくらにして張ると、綺麗に張れます。

press to zoom
裏返して布を引きます。
裏返して布を引きます。

枠を裏返して、布目を見ながら引くと張りやすいです。

press to zoom
ネジを締めます。
ネジを締めます。

大きくてつまみやすいですので、しっかりと締めましょう。

press to zoom
張れました!
張れました!

縦横の目が綺麗に揃って、しっかりと張れました。

press to zoom

5種類のニードルでハートを刺してみましょう!

ループができる仕組み
ループができる仕組み

ループは布目に挟まっているだけです。ニードルで押し出した分がループになります。

press to zoom
5種類のニードルで
5種類のニードルで

ニードル別に使える毛糸が変わってきます。

press to zoom
アジャスタなしタイプ
アジャスタなしタイプ

アジャスタなしタイプのニードルは長さ別に本数を揃えます。

press to zoom
毛糸の点の大きさが変わります
毛糸の点の大きさが変わります

毛糸の太さが変わると、毛糸の「点」の大きさが変わります。

press to zoom
ループの高さの違いは?
ループの高さの違いは?

ループの高さは、ニードルの長さで変えていきます。

press to zoom
同じハートでも違う印象に
同じハートでも違う印象に

「点の大きさ」と「ループの高さ」が変わると、同じハートでも違う雰囲気になります。

press to zoom

では中細毛糸ニードルで刺してみましょう!

中細毛糸用ニードル
中細毛糸用ニードル

ネジ式で、無段階に針の長さを変えることができます。

press to zoom
先の窓にも毛糸を通します
先の窓にも毛糸を通します

小さいですが、この窓にもしっかりと毛糸を通します。通しませんとループができていきません。

press to zoom
糸通しで毛糸を通します
糸通しで毛糸を通します

窓から筒の中へ糸通しを通して、お尻へ出します。

press to zoom
毛糸をかけます
毛糸をかけます

糸通しの輪へ毛糸を通して…

press to zoom
引き抜いて通します
引き抜いて通します

引き抜くと、窓まで一気に毛糸が通ります。

press to zoom
根元までしっかり刺して
根元までしっかり刺して

刺すときは根元までしっかり刺します。

press to zoom
ニードルの長さだけ上げる
ニードルの長さだけ上げる

上げるときは、ニードルの長さ分しかあげません。これ以上あげますと、布の上で毛糸がたわんでしまします。

press to zoom
再びしっかり刺します
再びしっかり刺します

刺すときは根元までしっかりと刺します。こうすることで、いつも同じ長さだけ毛糸が下へ送られ、ループの長さが同じになります。

press to zoom
カットしてある方が前です
カットしてある方が前です

ニードルはカットしてある方を前に、右から左へと進みます。 その向きにネジが来るようにしておくとわかりやすいですね!

press to zoom
毛糸の太さくらいのピッチ
毛糸の太さくらいのピッチ

毛糸の太さくらいの間隔をあけて刺していくといいでしょう。

press to zoom
輪郭から刺します
輪郭から刺します

モチーフの場合は、輪郭から刺すと、綺麗に仕上がります。

press to zoom
刺し直しは糸を抜いて
刺し直しは糸を抜いて

やり直しは、毛糸を引っ張って抜くだけです。

press to zoom
布目を戻します
布目を戻します

抜いたら、布目が広がっていますので、アイスの棒などで布目を動かして整えます。

press to zoom
休むときは…
休むときは…

休むときは、ループが抜けないように押さえて、糸を伸ばします。

press to zoom
真ん中へ向かって刺します
真ん中へ向かって刺します

まわりから1列づつ、真ん中へ向かって刺していきます。

press to zoom
糸を伸ばしてから切ります
糸を伸ばしてから切ります

最後は糸を伸ばし、少し残して切ります。

press to zoom
刺し上がりました!
刺し上がりました!

綺麗な点で埋め尽くされました。中細毛糸ですので、点々が小さいですね!

press to zoom

合太〜並太毛糸ニードル No.3 で刺してみます

​< Syujichi Banong No.3 … 針先2.5cm >

No.3で刺してみます
No.3で刺してみます

Syujichi Banong は合太〜並太毛糸対応のニードルです。

press to zoom
お尻の輪から通します
お尻の輪から通します

糸外れ防止用の輪ですので、外れない毛糸であれば、通さなくても大丈夫です。細めの毛糸の時に通します。

press to zoom
針の窓に通します
針の窓に通します

まだスリットへは通さず、針の窓へ通します。

press to zoom
スリットへ通します
スリットへ通します

毛糸を押さえて、スリットに沿わせます。

press to zoom
毛糸を引いてスリットへ
毛糸を引いてスリットへ

毛糸を引いてスリットへ埋め込むように入れていきます。数回毛糸を引き戻しするといいでしょう。

press to zoom
根元までしっかり刺し…
根元までしっかり刺し…

刺すときは根元までしっかり刺します。

press to zoom
針の長さ分上げます
針の長さ分上げます

上げるときは針の長さ分、針のカットされている方向が前で、どのニードルも変わりません。

press to zoom
毛糸の太さくらいのピッチ
毛糸の太さくらいのピッチ

毛糸の太さ分くらいの間隔で刺します。使用している毛糸は、ニードルパンチヤーン(並太)です。

press to zoom
周りから中へ向かって
周りから中へ向かって

周りから中へ向かって刺します。

press to zoom
時々ループ面も確認
時々ループ面も確認

時々、刺し上がりを確認しながら進めます。

press to zoom
糸を伸ばしてカット
糸を伸ばしてカット

ループを押さえて糸を長く出し、少し残して切ります。

press to zoom
低めのループです
低めのループです

No.3は一番短いニードルで低めのループができます。輪郭や柄がはっきりと表現されます。

press to zoom

合太〜並太毛糸ニードル No.5 で刺してみます

​< Syujichi Banong No.5 … 針先3.0cm >

No.5は少し長めのニードル
No.5は少し長めのニードル

No.5はNo.3よりも、少し長めのニードルとなります。

press to zoom
ダイソーのアクリル並太で
ダイソーのアクリル並太で

ダイソーのアクリル並太毛糸で刺してみましょう。同じ並太毛糸でも、ニードルパンチヤーン並太より少し太いので、No.3だとループが残らないことがありますのでNo.5で。

press to zoom
糸を伸ばして切ります
糸を伸ばして切ります
press to zoom
少し点が大きいです
少し点が大きいです

同じ並太毛糸でも、ダイソーアクリル並太は、ニードルパンチヤーン並太より少し太いので点が大きく表現されています。

press to zoom
ボリュームも変わります
ボリュームも変わります

毛糸の密度や量が違うと、ボユーム感も変わります。

press to zoom

合太〜並太毛糸ニードル No.6 で刺してみます

​< Syujichi Banong No.6 … 針先3.5cm >

No.6は長めのニードルです
No.6は長めのニードルです

Syujichi Banongの中でもNo.6は長めのニードル。 針先は3.5cmです。

press to zoom
毛糸を送り出します
毛糸を送り出します

毛糸を送り出した、ほぼ半分の高さがループの高さとなります。

press to zoom
毛糸の太さくらいのピッチ
毛糸の太さくらいのピッチ

ニードルパンチヤーン並太です。毛糸の太さくらいのピッチで刺しています。

press to zoom
長めのふんわりループ
長めのふんわりループ

ふんわりしたループができています。ループの輪が上の方で広がりますので、図案よりもひと回り大きい感じになります。

press to zoom
裏のサイズはみな同じです
裏のサイズはみな同じです

裏のステッチ面を見る限りは全部同じ大きさ、同じ印象ですが…。

press to zoom
ループ面は大きさが変化
ループ面は大きさが変化

ループ面をみると、毛糸の太さ、ループの高さによって、ハートの大きさが随分変わって見えます。

press to zoom
ループは楽しいですね!
ループは楽しいですね!

ループが低いと柄はこじんまりしますが、ループが高いと、かなりボリューミーになります。

press to zoom

並太〜極太毛糸ニードルで刺してみましょう

並太〜極太毛糸用ニードル
並太〜極太毛糸用ニードル

並太〜極太毛糸用ニードルは、一番使い勝手の良いニードルです。並太毛糸1本どり、2本どり、極太毛糸と、3種類さすことができ、アジャスタも付いています。

press to zoom
内バネ式です
内バネ式です

内バネ式ですので、針を回して外し、アジャスタの長さを変えていきます。

press to zoom
真ん中くらいから始めて
真ん中くらいから始めて

まずは真ん中くらいの長さで初めてみるといいと思います。

press to zoom
毛糸を通します
毛糸を通します

糸通しを、先端の窓から筒を通してお尻へだします。

press to zoom
糸通しの輪にひっかけて
糸通しの輪にひっかけて

輪に毛糸を引っ掛けます。

press to zoom
一気に窓まで通します
一気に窓まで通します

一度で窓まで通せますので、糸通しは窓から入れた方が早いですね!

press to zoom
刺してみましょう!
刺してみましょう!
press to zoom
刺し方は同じ
刺し方は同じ

針のカットしてある方を前にして進みます。

press to zoom
しっかり刺して…
しっかり刺して…

根元までしっかり刺して、ループの高さを均一にします。

press to zoom
極太毛糸は間隔を広く
極太毛糸は間隔を広く

極太も毛糸の太さくらいを目安に刺す間隔を取ります。

press to zoom
極太は手数が少ないです
極太は手数が少ないです

赤の中細毛糸に比べて、極太は非常にパンチ数が少ないですね!

press to zoom
しっかり埋まっています
しっかり埋まっています

手数が少ないですが、面はしっかりと埋まっています。大きめ作品は疲れますので極太がいいですね。

press to zoom
並太毛糸2本どりも
並太毛糸2本どりも

ニードルパンチヤーン並太の2本どりも、極太毛糸と同じように早く刺し上がります。

press to zoom
周りから刺して
周りから刺して

並太毛糸ですが、2本どりですので、少し間隔を広くとります。

press to zoom
横に並べたより少し狭く
横に並べたより少し狭く

2本を置いた幅よりも少し狭く間隔をとりましょう。

press to zoom
2本取りの強み
2本取りの強み

2本取りは、毛糸の点を細かく表現できて、しかも手数を少なくすることができます。

press to zoom
ハートだけでも楽しい!
ハートだけでも楽しい!

同じ図案を使って、毛糸を変えるだけで雰囲気の違う6種類のハートが出来上がります。

press to zoom

ループ面を作品にする場合は、

柄を反転させてトレースします。

ループ面を作品にする場合は(裏にループができていきますので)刺している面とは
向きが逆になります。逆になっては困る図案は、反転させてトレースします。
布の裏に図案を当てて、窓などの光に当てて写しますので、図案を裏返して写すと
簡単ですね! 裏返しても線が見えるようにするために、図案は黒のマジックで
しっかり書くといいでしょう。
DSC05678.JPG